黒猫速報@オモシロ情報まとめ

黒猫速報@オモシロ情報まとめ

カテゴリ: アニメ

1: シャチ ★^^ 2017/06/22(木) 10:13:40.59 ID:CAP_USER9
 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が21日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦予選で若手実力者の澤田真吾六段(25)を破り、
歴代1位の連勝記録となる神谷広志八段の28連勝(87年)に並んだ。

 脳科学者の茂木健一郎氏(54)は藤井聡太四段について、20日に引退した加藤一二三・九段、羽生善治3冠と並ぶ頭脳を持つ、 「ニュータイプの天才」と称した。幼稚園時代に四則演算をこなした計算力に驚嘆するとともに、インターネットで勉強した 情報処理力は普通の人の「9倍速」で成長していると分析。新たなスターは「脳力」に満ちあふれていた。 茂木氏が思わずうなった。
「驚くべき計算能力の高さです」。藤井四段の幼稚園時代に解いたという四則演算のパズルを見た瞬間だ。足し算、引き算、 掛け算、割り算の方法やルールを覚える。掛け算は兄が覚える時にかけていた九九の音楽を聴いて、一緒に歌って覚えたという。 割り算はその逆で、考え方を教えてもらって自分でものにした。しかも、初級から中級、上級とレベルアップした。

 興味が将棋になっても計算で磨いた応用が効いた。

 「駒の動きや、棋譜を頭の中で描いて情報を処理する。すでにワーキングメモリーが鍛えられているから、
それを基礎に脳の思考回路が柔軟に対応し、使えば使うほど回路の範囲が広がっていくんです」

 さらにインターネットを駆使して、過去の対局の情報を収集する。

 「情報環境を利用して早回しで論理的に考える。5歳で将棋を始め、14歳ですでにこのレベル。脳科学では1万時間の法則というのがあり、
1日3時間の練習で10年続ければ誰もが上達すると学術的に証明されています。藤井さんはその9倍速くらいのスピードでレベルアップしています」

 まさにIT時代ならではの天才。ここがニュータイプたるゆえんだ。

 もちろん、加藤九段、羽生3冠と同じで、天才にありがちな“変人的”要素もある。加藤九段は右銀を繰り出す棒銀戦法に最後までこだわった。
羽生3冠は22年前、棋譜をパソコンで取り込んで勉強する先駆者の1人だった。藤井四段は詰め将棋で鍛えたという。

 「人から何を言われようが集中して、自分なりの方法論を持っている。しかも、楽しいことをやれば脳も上機嫌の状態になり、
潜在能力を発揮する」

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-01844039-nksports-soci

続きを読む

mv_pc




1: 風吹けば名無し^^ 2017/04/04(火) 11:35:11.79 ID:udhLQJaQ00404
 3月13日から台湾の中国電視公司で漫画「ちびまる子ちゃん」の実写版ドラマがスタートした。ちびまる子ちゃんの漫画、アニメは台湾でも高い人気を誇っており、実写版の製作につながったという。

 日本で漫画、アニメの実写版といえば、原作とイメージがかけ離れていることが多く、批判の対象になりがちだが、台湾版のちびまる子ちゃんは好評だという。

 「番組のノリは日本のドラマ『こち亀』や『怪物くん』のような感じで、あえてチープな感じを出しています。原作と違うという批判は的外れ。なにしろ、小学生のまる子を演じているのが、27歳の女優ですから(笑)」(テレビ誌ライター)

続きを読む

↑このページのトップヘ