黒猫速報については詳しくはコチラ!世の中の最新情報はやVIPの2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 砂漠のマスカレード ★^^ 2016/11/03(木) 13:38:30.04 ID:CAP_USER9
    日本最大級の結婚式場のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパークは、自社が運営する大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLABO(GSL)」にて、 11月5日(土)が「いい男の日」であることから、イマドキの理想の恋人像である「いい男」を明らかにする「理想の恋人像」に関する調査を実施した。 本調査で、「あなたの理想の恋人像である男性芸能人を教えてください」という質問をしたところ、 1位が山崎賢人、続いて2位が綾野剛&福士蒼汰、そして3位が岩田剛典、窪田正孝、坂口健太郎という結果になった。 理想の恋人に選んだ理由 <山崎賢人> ・月9の役にキュンときた(30代前半) ・顔良し、細マッチョの体型良しで完璧(20代後半) <綾野剛> ・穏やかそうで静か、細身(20代後半) ・ドラマでの優しい雰囲気に惹かれた(20代後半) <福士蒼汰> ・外見もかっこよく長身であり、まさに理想の男性(30代前半) ・見た目がカッコよく笑顔も爽やかで、背が高くて欠点が見当たらない(30代後半) <岩田剛典> ・細マッチョで笑顔が可愛い(20代前半) ・やさしそうで男っぽい(20代前半) <窪田正孝> ・男らしさがありつつ可愛くて、堅実さを感じる(30代前半) ・笑顔がとても可愛くて素敵(30代前半) <坂口健太郎> ・ほんわかした雰囲気とかわいらしいところ(20代後半) ・おおらかそうなイメージがある(20代後半) 上記のような理由から、20代~30代の若い世代には、とにかくルックスが完璧な人が理想の恋人像であることが判明した。 【調査概要】 表題:「理想の恋人像」に関する実態調査 調査主体:ウエディングパーク(ガールズスタイルLABO) 調査方法: インターネット調査 調査期間:2016年10月13日(水)~10月16日(水) 有効回答:20代~30代の女性 107人 http://dailynewsonline.jp/article/1221944/ 2016.11.03 09:31 マイナビウーマン
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: Egg ★^^ ©2ch.net 2016/11/04(金) 12:29:01.21 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ「欅坂46」の衣装がナチスドイツを想起させるとしてユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が謝罪を求めていた問題は、 声明発表から24時間足らずで欅坂46側の運営会社や総合プロデューサーの秋元康氏が謝罪することになった。 「似ている」という指摘は10月22日お衣装の披露直後からくすぶっていたが、欅坂46の謝罪を伝える記事に寄せられたコメントには、 衣装のデザインはグローバルスタンダードに合わず謝罪は当然だとする意見がある一方、「ただの難クセ」「ユダヤのプロパガンダ」などと、SWCの対応に疑問を示す声も出ている。 ■ソニーや日本のブランドイメージも傷つくと主張 今回の衣装をめぐっては、米国のユダヤ人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が10月31日(現地時間)、 「10代の若者がナチス風の衣装を着てステージや観客席で踊っているのを見ることは、ナチス大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす」と謝罪を要求。その上で、 「仮にグループ(欅坂46)に傷つける意図がなかったとしても、当該パフォーマンスはナチス犠牲者の記憶をおとしめるもので、 ネオナチの感情が高まっているドイツやその他の国々の若者に誤ったメッセージを送ることになる。ソニーのような国際的ブランドには、もっと良いものを期待したい。ソニーは日本に恥をかかせている」 などとして、今回の騒動がソニーという国際的なブランドや日本という国の対外的イメージにも悪影響を与えると主張した。 この声明が掲載されたのは日本時間11月1日未明だが、同日夜には欅坂46のウェブサイトに「ご不快な思いをさせてしまったことに対し、 心よりお詫び申し上げます」などとする謝罪コメントが掲載され、総合プロデューサーの秋元康氏も「監督不行き届きだった」として陳謝した。 「『ガス室』なかった」記事で雑誌廃刊に追い込む こういった対応を伝えるJ-CASTニュースの記事には、様々な声が寄せられた。 「グローバル化したこの世界でそういうことに事前に気づかない時点で、プロデューサーとして失格」 「中国のアイドルが劇場を第七サティアンと呼んで正大師のコスプレで歌ってたら日本人としてどう思う?オウムの比じゃないぞナチスは」 などとして、衣装はきわめて不適切だとの声が相次いだ。一方で、 「ユダヤのプロパガンダは若者の表現の自由を奪った。大変な罪だ」 「自称被害者の人権ヤクザはどこの国にも居るって事だ」 「ただの難クセ」 などとしてSWCの声明を非難する声も多い。 SWCは、ホロコースト否定論やユダヤ陰謀論を唱えるメディアに対して、広告主を巻き込みながら激烈な抗議活動を展開することで知られている。 例えば1995年1月に文芸春秋社の月刊誌「マルコポーロ」が掲載した「ナチ『ガス室』はなかった」と題する記事をめぐるトラブルでは、 「ホロコーストはソ連などの共産主義政権の作り話」などとする内容に、SWCやイスラエル大使館が猛烈に抗議。 文芸春秋社のスポンサーに広告出稿を取りやめるように働きかけるなどの運動を展開した。 その結果、文芸春秋社は雑誌の回収と廃刊、編集長の解任を決め、全面謝罪。社長も引責辞任に追い込まれた。 J-CASTニュース 11/3(木) 14:00配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000002-jct-ent 写真 no title
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 腐乱死体の場合 ★ 2016/11/02(水) 16:07:11.62 ID:CAP_USER9
    「週刊少年マガジン」、100万部割れ ITmedia ビジネスオンライン 11/2(水) 13:45配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000058-zdn_mkt-bus_all 漫画誌「週刊少年マガジン」(講談社)の印刷部数(印刷証明付き)が、今年7~9月の平均で99万5017部と、100万部を割り込んだことが分かった。 日本雑誌協会がこのほど公表した7~9月の平均印刷部数によると、週刊少年マガジンは4~6月から約2万部減り、 100万部を割った。1997~98年に記録した400万部超から4分の1に減った計算だ。 「週刊少年ジャンプ」(集英社)は4~6月から約1万7000部減の215万1667部、「週刊少年サンデー」(小学館)は約4万部減の33万部だった。 各社ともデジタル配信に力を入れている背景もあり、紙版の減少が続いている。
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 閃光妖術(三重県) 2016/11/03(木) 21:23:54.87 ID:jmkk37Wy0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    現在休載中の『HUNTER×HUNTER』で知られるマンガ家・冨樫義博の制作の裏側に迫った 「DVD付分冊マンガ講座 ジャンプ流! vol.21」が、11月2日に発売された。冨樫といえば、 休載の多さからたびたび「冨樫仕事しろ」という声が上がるが、今回の「ジャンプ流!」では 冨樫が“仕事をしている”様子を見ることができる。 この「ジャンプ流!」の一番の目玉といえば、付属のDVDで作家たちの作画風景や制作 現場を映像で見られることだろう。 作画に対するモチベーションを下げないよう工夫している様子の冨樫だったが、それもそ のはず、マンガ制作において一番好きな作業は「ダントツにネーム作業」だという。「ネーム の前段階に『どんな感じにしよう』と考えている時がピーク。最初の作業がピークなので、 どんどんテンションが下がっていく」そうで、「その後の作業が、本当に作業になってしまわ ないように、自分の中で工夫をしているつもり」……と明かしていた。 といった冨樫の作画風景や制作現場に迫ったDVDだが、その中で冨樫が気になる発言を していた。 撮影当時の制作現場には、前回の連載再開時に掲載された10話分の原稿があったの だが、それについて冨樫が「前、10話入れてまた少し間を開ける予定だったのが、腰を悪 くしまして、それで中途半端に9話で終わってしまったので、反省を踏まえて、(今回は)先 に10話分を上げてしまおうと」と、語ったのだ。 『HUNTER×HUNTER』は連載が再開されれば、ひとまず単行本を発売できる10話まで は連載するということだろうか。確定ではないが、連載再開されれば、10話は連載されると 思ってもよさそう。 たびたび「仕事しろ」と言われてしまっている冨樫だが、DVDの最後には「考えるのに時間 をかけたり、週刊のスタイルにはあわなくなっているのは自分でもわかっている」と、語る一 幕も。7月からまた休載に入ってしまった冨樫だが、ファンが納得するストーリーを考えてい ると信じて、連載再開を待つしかなさそうだ。 http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1103/ota_161103_2045491251.html no title
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 鉄チーズ烏 ★ ^^ ©2ch.net 2016/10/31(月) 23:38:54.74 ID:CAP_USER9
     フリーアナウンサーの伊東紗冶子(いとうさやこ・22)が、10月31日発売の『週刊プレイボーイ』46号(集英社)に登場。大きなインパクトを残した今年8月の同誌でのデビューグラビアから2ヶ月、同誌で再び鮮烈なビキニ姿を披露した。 元ミス近畿大学、元ミスオブミスキャンパスクイーンコンテスト準グランプリという華麗な経歴を誇る新人アナの伊東は、今年8月に同誌で「初登場」「初表紙」「初水着」「初グラビア」という、雑誌史上でも異例といえる待遇で華々しくデビュー。キュートな笑顔と迫力の神ボディーの魅力を凝縮した初水着グラビアは、大きな反響を呼び、関連ネットニュースがおよそ1ヶ月で400万以上のページビューを記録した。 一気に注目を集めた伊東は、「最初の撮影の前はグラビアの現場が不安ですごくナーバスになっていたんですけど、いざ始まってみたらすごく楽しくて新しい世界を知ることができました」と初めてのグラビア撮影を回想。サイパンで挑んだ2度目の撮影についても「実はお仕事で海外に行くのは初めてで少しドキドキしましたが、天候にも恵まれて爽やかな写真がたくさん撮れたと思います。『旅』がテーマだったので、サイパンの風景や美しい海、そういう部分も楽しんでいただければいいですね」と感想を語った。 伊東のグラビアは11月7日発売の同誌47号でも掲載され、11月1日から同誌のサイト『週プレnet』で未公開カット120点以上が閲覧できる(配信期間は1ヶ月)。 なお、46号にはモデルの松岡李那、プロスノーボーダーの岩垂かれん選手も登場し、スポーツキャスターの浅田舞が2015年に発売した1st写真集『舞』の未公開カットも掲載。表紙はタレントのリア・ディゾンが飾っている。 2016-10-31 05:00 http://www.oricon.co.jp/news/2080694/full/ 画像 no title http://i.imgur.com/eXnj4US.jpg
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ