黒猫速報については詳しくはコチラ!世の中の最新情報はやVIPの2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 腐乱死体の場合 ★ 2016/11/02(水) 16:07:11.62 ID:CAP_USER9
    「週刊少年マガジン」、100万部割れ ITmedia ビジネスオンライン 11/2(水) 13:45配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000058-zdn_mkt-bus_all 漫画誌「週刊少年マガジン」(講談社)の印刷部数(印刷証明付き)が、今年7~9月の平均で99万5017部と、100万部を割り込んだことが分かった。 日本雑誌協会がこのほど公表した7~9月の平均印刷部数によると、週刊少年マガジンは4~6月から約2万部減り、 100万部を割った。1997~98年に記録した400万部超から4分の1に減った計算だ。 「週刊少年ジャンプ」(集英社)は4~6月から約1万7000部減の215万1667部、「週刊少年サンデー」(小学館)は約4万部減の33万部だった。 各社ともデジタル配信に力を入れている背景もあり、紙版の減少が続いている。
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 閃光妖術(三重県) 2016/11/03(木) 21:23:54.87 ID:jmkk37Wy0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    現在休載中の『HUNTER×HUNTER』で知られるマンガ家・冨樫義博の制作の裏側に迫った 「DVD付分冊マンガ講座 ジャンプ流! vol.21」が、11月2日に発売された。冨樫といえば、 休載の多さからたびたび「冨樫仕事しろ」という声が上がるが、今回の「ジャンプ流!」では 冨樫が“仕事をしている”様子を見ることができる。 この「ジャンプ流!」の一番の目玉といえば、付属のDVDで作家たちの作画風景や制作 現場を映像で見られることだろう。 作画に対するモチベーションを下げないよう工夫している様子の冨樫だったが、それもそ のはず、マンガ制作において一番好きな作業は「ダントツにネーム作業」だという。「ネーム の前段階に『どんな感じにしよう』と考えている時がピーク。最初の作業がピークなので、 どんどんテンションが下がっていく」そうで、「その後の作業が、本当に作業になってしまわ ないように、自分の中で工夫をしているつもり」……と明かしていた。 といった冨樫の作画風景や制作現場に迫ったDVDだが、その中で冨樫が気になる発言を していた。 撮影当時の制作現場には、前回の連載再開時に掲載された10話分の原稿があったの だが、それについて冨樫が「前、10話入れてまた少し間を開ける予定だったのが、腰を悪 くしまして、それで中途半端に9話で終わってしまったので、反省を踏まえて、(今回は)先 に10話分を上げてしまおうと」と、語ったのだ。 『HUNTER×HUNTER』は連載が再開されれば、ひとまず単行本を発売できる10話まで は連載するということだろうか。確定ではないが、連載再開されれば、10話は連載されると 思ってもよさそう。 たびたび「仕事しろ」と言われてしまっている冨樫だが、DVDの最後には「考えるのに時間 をかけたり、週刊のスタイルにはあわなくなっているのは自分でもわかっている」と、語る一 幕も。7月からまた休載に入ってしまった冨樫だが、ファンが納得するストーリーを考えてい ると信じて、連載再開を待つしかなさそうだ。 http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1103/ota_161103_2045491251.html no title
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 鉄チーズ烏 ★ ^^ ©2ch.net 2016/10/31(月) 23:38:54.74 ID:CAP_USER9
     フリーアナウンサーの伊東紗冶子(いとうさやこ・22)が、10月31日発売の『週刊プレイボーイ』46号(集英社)に登場。大きなインパクトを残した今年8月の同誌でのデビューグラビアから2ヶ月、同誌で再び鮮烈なビキニ姿を披露した。 元ミス近畿大学、元ミスオブミスキャンパスクイーンコンテスト準グランプリという華麗な経歴を誇る新人アナの伊東は、今年8月に同誌で「初登場」「初表紙」「初水着」「初グラビア」という、雑誌史上でも異例といえる待遇で華々しくデビュー。キュートな笑顔と迫力の神ボディーの魅力を凝縮した初水着グラビアは、大きな反響を呼び、関連ネットニュースがおよそ1ヶ月で400万以上のページビューを記録した。 一気に注目を集めた伊東は、「最初の撮影の前はグラビアの現場が不安ですごくナーバスになっていたんですけど、いざ始まってみたらすごく楽しくて新しい世界を知ることができました」と初めてのグラビア撮影を回想。サイパンで挑んだ2度目の撮影についても「実はお仕事で海外に行くのは初めてで少しドキドキしましたが、天候にも恵まれて爽やかな写真がたくさん撮れたと思います。『旅』がテーマだったので、サイパンの風景や美しい海、そういう部分も楽しんでいただければいいですね」と感想を語った。 伊東のグラビアは11月7日発売の同誌47号でも掲載され、11月1日から同誌のサイト『週プレnet』で未公開カット120点以上が閲覧できる(配信期間は1ヶ月)。 なお、46号にはモデルの松岡李那、プロスノーボーダーの岩垂かれん選手も登場し、スポーツキャスターの浅田舞が2015年に発売した1st写真集『舞』の未公開カットも掲載。表紙はタレントのリア・ディゾンが飾っている。 2016-10-31 05:00 http://www.oricon.co.jp/news/2080694/full/ 画像 no title http://i.imgur.com/eXnj4US.jpg
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: ねこ名無し ★ ^^ 2016/10/28(金) 18:27:53.99 ID:CAP_USER
    2016年10月26日、央広網は「なぜ日本は外国の労働力と移民に対する態度がこれほどまでに保守的なのか?」と題する記事を掲載した。 記事によると、日本に滞在している外国人の数は過去8年間で2倍に増えているが、ほかの先進国と比べて日本は依然として海外の人材や移民への“開放度”は最低となっている。例を挙げると、ドイツは2005年から現在まで200万人の移民を受け入れている。米国は100万人、英国は54万人、カナダは27万人、フランスは14万人で、日本はわずか7万人だそうだ。 日本は65歳以上の人口が27%を超え、世界の主要な先進国の中で高齢化が最も深刻な国だと言える。高齢化が深刻な日本では、2040年に人口が1900万人減少すると予測されている労働力の不足は日本経済の発展を妨げる一つの要因で、高齢者介護サービスも人手が足りていない状況だ。記事は、「なぜドイツにならって新しい労働力として移民を受け入れないのか。なぜ移民に対してオープンではないのか」と疑問を提起する。 これについて、全国日本経済学会の張季風所長補佐は「日本の国民性を含む歴史的な要因から、日本という国では大量の移民を受け入れることが難しい」と指摘する。慎重になる理由の一つが治安の問題、もう一つが日本文化の問題だ。日本はドイツをはじめ、欧州のほかの国が外国の労働力を受け入れた結果招いたマイナスの影響も目にしている。国土面積が狭いため、大量の移民を受け入れれば問題が生じやすい。そのため日本は現状、ハイレベル人材の受け入れを促進するにとどめている。 記事は、日本の製造業では8割の工場が人手不足に直面していると紹介した上で、「東南アジアなどには日本での就業を希望する人が大勢いるが、ルートがない。一部の政治家からは就労ビザ緩和の声も上がっているが、進展は遅い」などと伝えている。(翻訳・編集/北田) http://www.recordchina.co.jp/a153660.html
    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 砂漠のマスカレード 2016/11/02(水) 06:24:48.66 ID:CAP_USER9
    2013年、「千年にひとりの逸材」と呼ばれる少女が現れた。 週プレは、彼女の住む地に急行し、グラビア撮影を敢行。 想像以上の可能性を感じさせてくれたその少女は、やがて日本中をとりこにし、スターへの道を駆け上がった。 橋本環奈(かんな)本人のコメントとともにふり返る、“あの日”からの物語。 【2013】たった一枚の写真が起こした“奇跡” 2013年11月上旬、突如として「千年にひとりの逸材」という言葉がインターネットを駆け巡った。 とあるアイドルファンが撮った写真に、ずば抜けた美少女が写っていたことから、このキャッチコピーとともにその写真が拡散されたのだ。 そこに写っていたのが、橋本環奈だった。実は話題になる半年前からアップされていた写真だったが、「千年に…」という言葉によって、ネットの大海からすくい上げられたのだ。 以後、世間でも「◯年にひとり」というキャッチコピーが常套句(じょうとうく)になるほど、彼女の登場にはインパクトがあった。 「『千年に…』と話題にしていただいたときは、すごく驚きました。 そもそも“千年”っていう数字が想像もできないくらい大きいものだったし、『まさか私がこんなに注目されるなんて』っていう恐れ多い気持ちもあったんです。 でも、それがきっかけでテレビや雑誌に取り上げていただき、今までにない経験をたくさんさせていただきました。 この頃は、新しいことに挑戦する期待と不安、どちらも感じていましたね」 【2014】写真集発売、そして怒濤の“7冠受賞”へ 翌年に入ってすぐ、雑誌『an・an』の表紙を単独で飾り、ソフトバンクのCMにも出演。 秋には、著名写真家、レスリー・キー氏の撮影による1st写真集を出版する。 「出来上がった写真集を見て、“自分じゃない不思議な感じ”がしました。 アイドルのグラビアとは違うアートな写真だったし、衣装も大人っぽかったので。 今でも、本屋さんに並んでるのを見ると、自分であって自分じゃないような面白い気持ちになっちゃうんですよね(笑)。 でも、今はデジカメやスマホで簡単に写真を撮れるからこそ、こうやって一冊の本として出してもらえたことがうれしいです。 私がおばあちゃんになっても、この“15歳の橋本環奈”は本の中に残ってるから」 そして、11月に雑誌『日経トレンディ』が認定する「2014年のヒット人」に選ばれたことを皮切りに、第21回「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」など、 注目を集めてから約1年で“7冠受賞”という快挙を成し遂げる。 こうした賞に選ばれることは、彼女の持つ清潔なイメージや、芸能活動に対する真摯(しんし)な姿勢が評価された証(あかし)だろう。 「ドラマや映画でお芝居をするのも楽しいんですけど、賞に選んでいただけることは、また違ううれしさがあります。 『私自身を選んでもらった』って感じるし、何より、授賞式で自分の言葉を話せることがありがたいなって思うんです。 特に思い出に残ってるのは、『日本ジュエリーベストドレッサー賞』(第26回)。 私は歴代最年少で10代部門を受賞させていただいたんですが、宮沢りえさんや深田恭子さんなど各世代の受賞者が並ぶなか、トップバッターでスピーチをさせていただいたんです。 あんなに大勢の方の前で話すのは初めてだったから、めちゃくちゃ緊張したんですけど…ちゃんと事前に考えた言葉を話せたので、『自分を褒めてあげたいな』って思いました(笑)」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161102-00074453-playboyz-ent 週プレNEWS 11/2(水) 6:00配信 no title http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20160409%2F14%2F1026944%2F37%2F600x900x35fc84307d7140e9936c05aa.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg http://pbs.twimg.com/media/Cvt9GHzUMAEZHPd.jpg https://pbs.twimg.com/media/CvfeEPPUsAArzBT.jpg no title https://img.cinematoday.jp/res/A0/00/49/A0004915-00.jpg no title http://line.blogimg.jp/tgc/imgs/6/c/6c7191c8.jpg
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ