黒猫速報については詳しくはコチラ!世の中の最新情報はやVIPの2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: かばほ~るφ ★ ^^t 2016/11/25(金) 10:43:34.75 ID:CAP_USER9
    自衛官募集チラシに「防衛相(女性)頼りない」
    2016年11月25日 07時43分

    「稲田防衛大臣(女性)は少々頼りないですが……」。

    組織トップを批判し、女性を揶揄したとも取られる言葉が並んだ自衛官募集のチラシが
    秋田県の大館市、北秋田市で配られていたことが24日、防衛省への取材でわかった。
    同省自衛隊秋田地方協力本部大館出張所の男性隊員が入隊への関心を引こうと作成したらしい。
    物議を醸しかねない内容に、同本部は「あってはならない」として、配布先に残っていたチラシをすべて回収した。

    同本部広報室によると、チラシはA4判で、大館出張所の男性隊員が10月18日、
    所内のパソコンで130枚作成し、19日から、持ち場の両市にある温泉施設、道の駅、
    市役所総合支所など計9か所に許可を得て、隊員の待遇紹介、各種勧誘のパンフレットなどと合わせ、置かせてもらっていた。
    隊員募集や広報活動が業務の同本部では、関心を引くように表現に工夫を凝らす例は珍しくないという。

    チラシは、所要の教育を経て3か月後に2士に任官される「自衛官候補生」に、来年4月に入隊する男性を募集する内容だ。
    稲田防衛相を揶揄したとも取れるキャッチコピー「頼りないですが」の後に、「頼れるあなたはぜひチャレンジを!」と続く。
    配布場所からなくなったチラシは1か月間に20枚ほどで、同本部にはこれまでに抗議や問い合わせはないという。

    同広報室は「チラシの作成、配布などには組織上、報告の義務がある。今回は確認がないままに行われてしまった。
    上官の批判、女性の揶揄を含めてあってはならない」と説明する。
    上官の指導、管理の不行き届きも含め、男性隊員からいきさつを聴取した。

    ジェンダー問題に詳しい武蔵大学の千田有紀教授(社会学)は
    「括弧であえて『女性』と記載し、頼りないと揶揄するのは、女性全体が頼りないと受け取られかねず、
    大きな問題だ。トップが男性だったらこういう表現にはならないはずだが、トップが女性だと通用してしまうのはおかしい」
    と話している。

    陸上幕僚監部広報室は「チラシの配布があった事実は確認しているが、現状ではコメントできない」としている。

    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20161125-OYT1T50001.html
    防衛省自衛隊秋田地方協力本部大館出張所の隊員が作成した自衛官募集のチラシ 記事へ
    no title

    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: Egg ★^^ ©2ch.net 2016/11/23(水) 10:59:15.73 ID:CAP_USER9
    映画「バイオハザード」シリーズの制作陣、ポール・W・S・アンダーソン氏とジェレミー・ボルト氏がアクションゲーム「モンスターハンター」の映画化を計画していることが明らかになった。アンダーソン氏によれば、このアイディアはしばらく温めてきた計画だという。

    Deadlineのインタビューで、アンダーソン氏は「モンスターハンター」シリーズの人気に言及。映画版が秘めるポテンシャルは特に日本と中国では侮れないと語っている。「(モンスターハンターは)日本では巨大な社会現象ですし、中国でもオンラインプレイヤーが1500万人に達するなど非常に人気です」

    またアンダーソン氏は「モンスターハンター」シリーズの累計売上本数が3800万本に達していることに触れ、「我々が映画化を始めたときの『バイオハザード』よりも大きなシリーズ」だとコメントしている。

    一方、ボルト氏は映画の雰囲気やスタイルに関し、映画版「バイオハザード」とはかなり違った雰囲気になるだろうと話している。同氏は「モンスターハンター」シリーズを「スター・ウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」といった作品にたとえ、サバイバルホラーであるバイオハザードよりも、ファンタジー要素が強い作品になると話した。

    アンダーソン氏によれば、映画では平均的なアメリカ人男性がモンスターだらけのパラレルワールドに引きずり込まれることになる。「最終的にはそのパラレルワールドが我々の世界にやってきます。つまりモンスターハンターのクリーチャーが現実世界に乗り込んでくるのです」とアンダーソン氏は説明している。

    両氏は「モンスターハンター」を題材にした映画を複数作る計画があることにも言及している。ボルト氏は「だいたい2本あります」と話しており、アンダーソン氏も「確実にシリーズにすることが目的です」と述べている。

    アンダーソン氏が監督する「バイオハザード:ザ・ファイナル」は12月23日に日本で公開される。

    By ALEX OSBORN 2016年11月22日13:06
    http://jp.ign.com/m/monster-hunter-theater/9248/news/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ