黒猫速報については詳しくはコチラ!世の中の最新情報はやVIPの2chまとめサイトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: ストラト ★^^ 2016/11/21(月) 10:53:05.95 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の処女作で第153回芥川賞を受賞した『火花』が、漫画化されることが20日、明らかになった。
    28日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』53号(小学館)からスタートする。

    昨年3月に発売されるやいなや、日本中で大ブームを巻き起こし、約250万部のベストセラーを記録し、実写ドラマ化や海外版の出版など、多くの話題を生み出した『火花』。
    その漫画化が、きょう21日に発売された同誌52号に掲載の次号予告で発表された。

    漫画化を担当するのは、長谷川博己主演でドラマ&映画化もされた『鈴木先生』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した武富健治氏。
    原作の又吉のラブコールが実現し、巻頭カラーでスタートする。

    また、同号では「文学」特集も実施。
    又吉と女優ののんが名作文学の世界をグラビアで表現する他、芥川賞作家の村田沙耶香氏、直木賞作家の朝井リョウ氏も登場する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000358-oric-ent

    漫画化が決定した『火花』
    no title

    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 三毛猫 φ ★^^ 2016/11/21(月) 13:36:55.51 ID:CAP_USER9
    お笑いタレントの有吉弘行(42)が20日放送のFMラジオ
    「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)で、
    「PPAP」で大ブレーク中のピコ太郎をプロデュースするお笑いタレント・
    古坂大魔王(43)を怒らせ、2年間無視された過去を明かした。

    有吉は、元師匠であるオール巨人(65)以外に「初めてきつめにキレられた芸能人」が
    古坂だったと告白。以前、イベントでお笑いコンビ「×―GUN」の西尾季隆(46)から
    「古坂に“きょうのネタ、スベってた”って言え」とたきつけられ、実際に古坂のネタを
    「めちゃめちゃスベってましたね。つまらなかったです」とこき下ろしたという。

    それを聞いた古坂は「マジで言ってるのか、お前」と激怒。有吉は、西尾から
    けしかけれたことを明かしたものの「関係ない。ふざけるな」と聞く耳を持たなかったとし
    「めちゃくちゃ怒られた。2年くらい無視された」と振り返った。

    スポニチ
    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/21/kiji/K20161121013765300.html
    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/21/jpeg/G20161121013765280_view.jpg

    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: muffin ★^^ 2016/11/20(日) 18:57:53.52 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/eiga/news/210095
    2016年11月20日 17:30

    ゆうきまさみがコンセプトワークを担当したカサハラテツローのマンガ「アトム ザ・ビギニング」のテレビアニメが、2017年春にNHK総合で放送スタート。
    総監督を「踊る大捜査線」や「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズを手がけた本広克行が務めることがわかった。

    本作は、手塚治虫のマンガで知られる“鉄腕アトム”の始まりの物語を描いたもの。
    同じ大学でロボット工学を研究する若き天才・天馬午太郎とお茶の水博志が、自分たちの制作したロボット・A106(エーテンシックス)と繰り広げる冒険が映し出される。

    監督は「モーレツ宇宙海賊」の佐藤竜雄。シリーズ構成は「BLOOD+」の藤咲淳一、キャラクターデザインは「タイムボカン24」の吉松孝博、アニメーション制作はOLM、Production I.G、SIGNAL.MDが担当する。
    なお手塚眞がプロジェクト企画協力および監修として参加している。

    現在、本作のティザー映像がYouTubeで公開中。
    また本日11月20日開催の高専ロボコンで上映されたコラボムービーが、NHKどーがステーションにて視聴可能なので気になる人はチェックしてみよう。

    動画 「アトム ザ・ビギニング」PV
    https://youtu.be/UrCu5mfmN7Q



    no title

    no title

    no title

    no title

    http://natalie.mu/media/comic/1611/1120/atom/extra/news_xlarge_01ATB_PV03.jpg

    続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 砂漠のマスカレード ★^^ 2016/11/21(月) 07:22:37.53 ID:CAP_USER9
    今年の「新語・流行語大賞」のノミネート候補作に入った「PPAP」。もちろん生みの親はピコ太郎だが、
    彼が12月7日にリリースする1stアルバムの特典があまりにもお粗末すぎると話題だ。

    「初回盤に限り、『子供用ピコ太郎なりきりエプロン』『ピコ太郎なりきりヒゲシール』が封入されるほか、
    『大人用ピコ太郎なりきりエプロン』も予約・購入特典として先着で配布されます」(芸能ライター)

    まったくそそられない特典プレゼントの数々。「ターゲットの照準をいきなり子どもに合わせすぎると、
    ブームが終わる」というのが業界の定説だが、まさにそれを地で行くかっこうだ。

    「こうしてアルバムまでリリースされるようになったのも、ジャスティン・ビーバー(22)がビコ太郎のYouTube動画をリツイートしたことから始まったわけで、運が大きく作用してのブレイクです。
    特典を見てその“芸のなさ”に、スタッフの慌てぶり、そして浮足立ちぶりがうかがい知れる。
    チープさが売りのビコ太郎なので、実は狙っているのかもしれませんが……」(週刊誌記者)

    ■動画配信の新たな収益モデルを確立?

    先日は大統領選を勝ち抜いたドナルド・トランプ(70)の孫娘アラベラ・ローズちゃんがPPAPを歌う動画が流れ、
    これまでに53万回以上再生された。もはやアメリカ大統領家族にまでその存在が知れ渡った形になる。

    ただし、音楽業界的には大きな功績を残したとも言える。

    「ピコ太郎は動画配信の収益モデルで新たな成功パターンを打ち立てた。
    PPAPをたとえばローズちゃんのような第三者がマネして配信し、そこでPVを稼ぎ広告表示がなされた場合、収益の分配は従来ですと考案者であるピコ太郎には還元されなかった。
    ところが、YouTube側が動画を解析し、権利保有者が誰であるか把握する技術が導入され、『踊ってみた』『歌ってみた』系のサイトでもきちんと利益がもたらされる仕組みになっているのです。
    ピコ太郎が手にする報酬は、数億円にも及ぶかもしれないですね」(前出・週刊誌記者)

    これが今まさに彼のピークなのか、さらなる飛躍を遂げるかは本人もわかっていないのではないだろうか。
    いずれにしても来年の年末にまだ彼が頑張っていることを祈りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1231074/
    2016.11.21 07:03 デイリーニュースオンライン

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ